同病異治や異病同治という考え方

西洋医学では高血圧の人であれば高血圧に効く薬、糖尿病の人であれば糖尿病に効く薬というように、同じ症状の人がいれば同じような薬が与えられます。

この症状にはある薬を使えばいいということが縦割りである程度決まっているので、医師にとっても患者にとっても分かりやすいです。

それに対して、漢方医学というのは一人ひとりの体質や病気の状態をしっかりを見極めながら使って行く漢方薬を選んでいきます。

漢方薬は高血圧であればあの漢方薬というように対応させているわけではなく、患者のことをよく診察した上で選んでいくわけです。

いわばオーダーメイドの治療法で、自分に合った漢方薬を処方された時に治療効果が高まっていきます。

他の人に効果があったからと言って自分がそれで効果が出るかどうかはわからないので、しっかりと診察することが大切です。

漢方医学の考え方として同じ診断名でありながら違う漢方薬が処方される同病異治と違う診断名でありながら結果的に同じ漢方薬が処方される異病同治があります。

どちらにしても症状が出ている表面的なところを見て対処するのではなく、もっと根本的なところを見て対処していきます。

一つの現象にはさまざまな原因があるという風に考え、同じような症状であっても患者によって全然違う処方がされるわけです。

同じ胃痛であってもどういう体質や症状の原因などに注目してもらう漢方薬が違ってきます。

自分は効果があったからと言って、同じような症状をもつ他人に自分と同じような漢方薬を紹介しようとしても意味がないわけです。

これこそが同病異治の考え方です。

胃腸の働きが低下した場合ひどくなると低血圧や胃痛や消化不良、気管支炎などの症状が見えたりします。

西洋医学であれば低血圧用と胃痛用、消化不良用、気管支炎用それぞれに対して薬が処方されるわけですが、漢方医学ではこれらの症状の根本となるところに対して治療を行います。

このように付随する症状に対して同じような漢方薬を処方することを異病同治と言います。

《同病異治と異病同治 – 漢方薬のきぐすり.com》

ガチガチになる精力剤はココにアリ!