気血水のバランスを整える

漢方医学では気と血、水という3つのバランスを整えることにより健康に保たれています。

そのため、気血水のどれかが不足したり流れが滞ったりすると身体に不調が起きたりします。

気というのは体の働きに必要となるエネルギーのことで、体をしっかりと働かせて血液や水分の流れをスムーズにし、新陳代謝を促します。

血というのは血液によって全身に栄養分や酸素を運び、老廃物を回収します。

水というのは汗や尿、唾液など血液以外のすべての体液のことを指し、体に必要な水分のバランスを保ったりします。

診断の結果気のバランスが崩れている状態というのは、気が上がったままの状態である気逆や気が滞っている状態である気うつ、気が不足している状態である気虚の3つの場合が考えられます。

気というのは頭から末端にかけて下がっていくものですが、気が頭や上半身にずっと上がったままの状態である気逆であれば、頭痛やパニック発作、イライラ、動悸などが起こりやすいです。

気が滞っている気うつの状態というのは胸の苦しさや呼吸の苦しさ、抑うつ気分などの症状が起こりやすいです。

症状というのは気が滞っている部分に起こりやすいです。

気が不足している気虚の状態というのは過労やストレスなどにより気が消費しているため、気が不足しています。

その時には疲労感や倦怠感、日中の眠気、気力の低下、食欲不振などが起こりやすいです。

診断の結果血のバランスが崩れている状態というのは、血が滞っているお血と血が不足しやすい血虚の2つの場合があります。

お血の状態というのは血液がスムーズに流れずに停滞することによりどこかの痛みやしこり、黒ずみなどが起こりやすいです。

血虚の状態というのは血液の量が不足していることにより顔色が悪かったり、肌荒れなどの症状が起こりやすいです。

水のバランスが悪い時というのは滞っている水毒の状態で、体液の分布が不均衡な状態です。

関節の流れが悪い時には関節に痛みが生じたりしますし、腹部の流れが悪い時には消化不良や腹水が生じます。

《「気・血・水」体質チェック》