漢方は日本で発展した医学

皆さんの中には漢方と言えば中国というイメージが強いのではないでしょうか。

漢方が日本に伝わった時期というのは5世紀から6世紀にかけてです。

その頃というのは積極的に朝鮮や中国から新しいものを取り入れようとする時期で、漢方というのもその頃に中国から伝えられたものです。

その時に多くの生薬や漢方薬、医学関連の書物などが持ち込まれます。

確かに中国から伝えられたわけですが、その後は日本独自で発展させてきたのが漢方医学です。

伝えられた当初は中国から伝えられたものに従って治療が行われてきたわけですが、臨床経験を基にして次第に日本人の体質や生活に合わせてどんどん変わっていっています。

漢方医学は日本独自の医学として発展し続けており、中国の伝統的な医学である中医学とは大きく異なっています。

中国に行って漢方薬と言っても全然通用しませんので注意してください。

漢方という名前は中国から伝えられたものではなく日本で付けられたものです。

江戸時代に入ってきた西洋医学を蘭方と呼んだことに対して付けられたのが漢方です。

漢方の漢という漢字は漢王朝から取ったもので、江戸時代当時の主流になっていた医学です。

しかしながら、明治時代に入って医師免許制度の確立によって漢方医学は衰退していきます。

医師免許制度の前提となるのが西洋医学を学ぶことです。

現在は西洋医学だけでは解決できない問題が出てきている中で、体と心をトータルで見ていくという漢方医学が見直されていることもあり再び注目を浴びています。

漢方薬の一部は1976年から保険が適用されるようになり、漢方医学に基づいた治療もおこなわれています。

漢方医学の良さというのは体で起きていることを心と体からしっかりと診てくれることです。

そのことによってあちこちの診療科を周ることがまずなくなります。

西洋医学であれば全体からどんどん臓器レベルに細かく診ていくわけですが、漢方医学であれば全体的な視点から使用する生薬を選んでいき漢方薬として処方されます。

全体的な視点から診る方法が伝統的に確立しています。

漢方医学で一番大切にすることは患者の自然治癒力とその病気を治そうとする闘病反応です。

全体的な見地から体に合った漢方薬をうまい具合に処方することができれば、それを通じて体の中から病気を治そうとする力を内から湧き出るようにします。

最近は漢方医学が注目されていますので、西洋医学で診断がつかなかった場合にはこちらのアプローチをとってみるのもいいかもしれません。

 

漢方薬を正しく飲む方法

 

漢方薬として販売しているものは、生薬をそのまま煎じた煎じ薬や生薬から抽出したエキス剤、生薬を粉末化した散財などありますが、一番使用されているものは保存するのに手間がかからないエキス剤です。

どのタイプであっても湿気を嫌いますので保存するときには細心の注意を払ってください。

もし残ったり作り置きをする場合には冷蔵庫に入れて保存するようにします。

煎じ薬を煎じるときには土瓶や土鍋、やかんを使用し、その中に煎じ薬を入れて水を入れます。

この状態で始めに強火で火をかけ沸騰した時に弱火にし、水の量が半分ぐらいになるくらいに煮詰めます。

煮詰まったらすぐに煎じた液体をこして別の容器に入れます。

早く煎じたいからと言って最初からお湯を入れたり、ずっと強火のままにすると生薬がうまく抽出できない場合がありますので注意します。

なるべく作り置きが出ないように、適量を作るようにします。

エキス剤や散財については煎じ薬のように煎じる手間はありません。

湯呑みに半分よりやや多めのお湯の中で溶かして、服用する際には少し冷ましてから飲みます。

お湯で溶かすことができない場合には、口に含んだままお湯を少しずつ含ませて溶かしながら飲みます。

漢方薬の服用の仕方というのは食前または食間になっていることが多いです。

その理由というのは体内の吸収率がいいことと食後に服用すると食べたものによっては何らかの障害が生じるからです。

食前であれば食事の30分前ぐらいに服用し、食間であれば食事と食事の中間(食後2時間から3時間後)に服用します。

処方された漢方薬は通常であれば1日の量を2回から3回に分けて服用します。

面倒がったり忘れたからといって一気に服用するようなことはやめましょう。

人によっては空腹時に服用すると胃もたれを起こしたり、気持ち悪くなったりすることもあります。

そういう場合は処方した医師や薬剤師に相談をしてみて食後に服用します。

漢方薬の飲み方が分からない場合は医師や薬剤師に尋ねてみるといいでしょう。

 

漢方にも副作用はあるのか

 

漢方薬というのは何種類の生薬を組み合わせて作られています。

組み合わせ方というのは長い間の経験によってできたもので、組み合わせ方によって治療効果を高めたり、副作用を抑えたりします。

実際に漢方薬は生薬からできているので比較的安全で副作用が無いという風に言われています。

実際それはどうなのか気になるのではないでしょうか。

結論から言うと、漢方薬であっても副作用はあります。

しかしながら、西洋薬に比べるとその程度は軽く、それほど頻度が高くはありません。

診断に合わない漢方薬を使った場合には当然ながら副作用が起こる可能性がありますし、アレルギーがある人にとっては服用中に異変が起こる場合もあります。

要するに、体質に合わないものが使われていた場合に副作用が起こる可能性があるという程度です。

漢方薬の副作用が多いものとしては吐き気や食欲不振、下痢などの胃腸に来るものです。

吐き気や食欲不振というのは漢方薬のとっつきにくさから来ることもありますので、一概に副作用とは言い難いです。

飲み続けて行ってだんだん慣れておくに従い吐き気や食欲不振が治まることがあります。

ずっとそういう状態が続くのであれば相談したほうがいいでしょう。

人によっては漢方薬を飲むと瞑眩(めんげん)と言って一時的に症状が悪化する場合があります。

患者が瞑眩か副作用かを判断するというのは難しいので、そういう場合は処方してもらった薬剤師や医師などに相談してみるといいでしょう。

漢方の考え方では瞑眩が起きれば症状が回復する予兆と言われており、数日間我慢していくうちに次第に症状が軽減していきます。

瞑眩が起きた時でも漢方薬を飲み続けることが必要です。

漢方薬であっても場合によっては副作用が起こることがありますので、まずはきちんとした診断を行うことが大前提です。

患者の体質に合わせてきちんとした診断ができればそんなに副作用が起こらないので、正しく使うように心がけてください。